【検証】ノンアルコールビール飲み比べを実施!メンバーはカクヤス営業60名

現在は各メーカーから、多種多様なノンアルコールビールが販売されています。銘柄によって味わい・香り・飲み応え等が異なるため、「どの銘柄が自分・自店舗に適しているのだろう?」と疑問に思う方もいるはずです。

そこで今回、代表的なノンアルコールビール6種をカクヤス営業メンバー60名で飲み比べました。「ビールに近い銘柄」「ホップの香りを感じる銘柄」など、5項目に分けて紹介します。

各銘柄の特徴をそれぞれ深く理解するために、ノンアルコールビールを導入予定の飲食店様や、普段からノンアルコールビールを飲んでいる方は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

カクヤス営業メンバー60名でノンアルコールビール6種の飲み比べを実施!

毎月行われているカクヤス社内試飲会で、営業メンバー60名によるノンアルコールビールの飲み比べを実施しました。60名のメンバーは、ビール党の人70%・普段ビールを飲まない人30%で構成されています。

ビールの飲み比べは完全ブラインド(目隠し)で行っており、先入観ゼロで各銘柄を比較しました。今回飲み比べたノンアルコールビールの銘柄は以下の6種類です。

  • A:ヒューガルデン ゼロ
  • B:バドワイザー ゼロ
  • C:サッポロ プレミアムアルコールフリー
  • D:アサヒドライゼロ
  • E:サントリー オールフリー
  • F:キリン グリーンズフリー

ノンアルコールビールのなかでも特に人気な銘柄をチョイス。そして飲み比べを行った際には、以下の項目ごとに1人1銘柄投票します。

  • ビールに一番近い銘柄はどれ?
  • 麦の味わい(麦芽)を一番感じるのはどれ?
  • ホップの香りを一番感じるのはどれ?
  • 飲み応えが一番あるのはどれ?
  • 正直どの銘柄が一番好き?

投票が最も多かった銘柄、少なかった銘柄など、60名のメンバー投票によるランキングを発表します。

検証結果!ノンアルコールビールの飲み比べで判明した人気銘柄

それでは、ノンアルコールビール6種を飲み比べた結果を5つの項目に分けて紹介します。

ビールに一番近いのはコレ!「アサヒ ドライゼロ」

最も票が多かったのは「D:アサヒドライゼロ」です。半数以上の票を得て、圧倒的1位を獲得。「ノンアルコールビール売上No.1」の銘柄に相応しい結果となりました。

  • 1位|D:アサヒドライゼロ【55%】
  • 2位|C:サッポロ プレミアムアルコールフリー【16.7%】
  • 3位|A:ヒューガルデン ゼロ【8.3%】
  • 4位|F:キリン グリーンズフリー【8.3%】
  • 5位|E:サントリー オールフリー【6.7%】
  • 6位|B:バドワイザー ゼロ【5%】

普段ビールを飲まない人たちも、「D:アサヒドライゼロ」に投票していた印象です。反対に、ビール党の人たちは「C:サッポロ プレミアムアルコールフリー」や「F:キリン グリーンズフリー」など、さまざまな銘柄に投票していました。

一番麦の味わい(麦芽)を感じるのはコレ!「アサヒ ドライゼロ」

ノンアルコールビールは麦芽の味わいが薄く、ボンヤリとした味わいの印象があります。しかし今回飲み比べた6種の銘柄は、どれも麦の味わいがしっかりと感じられました。そのため、ほかの項目に比べて票の偏りが少なく、バランスの取れた結果となりました。

そのなかで1位に輝いたのは、「D:アサヒドライゼロ」です。

  • 1位|D:アサヒドライゼロ【36.7%】
  • 2位|C:サッポロ プレミアムアルコールフリー【20%】
  • 3位|F:キリン グリーンズフリー【15%】
  • 4位|A:ヒューガルデン ゼロ【11.7%】
  • 5位|B:バドワイザー ゼロ【10%】
  • 6位|E:サントリー オールフリー【6.6%】

1位の「D:アサヒドライゼロ」は言わずもがなですが、2位の「C:サッポロ プレミアムアルコールフリー」も負けじと強い麦芽感がありました。「コク、ウマ。」というキャッチフレーズも納得の味わいです。

一番ホップの香りを感じるのはコレ!「アサヒ ドライゼロ」

次の項目は味わいではなく、香りにフォーカスしました。ノンアルコールビールでもホップの香りは非常に重要です。単純な満足感以外にも、フードとの合わせやすさ、飲みやすさなどにも影響します。

6種の銘柄を飲み比べた結果、またしても「D:アサヒドライゼロ」がトップでした。気持ちの良いキレ、スッキリとした味わいに加え、フワッとした濃厚なホップの香りを併せ持ちます。

  • 1位|D:アサヒドライゼロ【30%】
  • 2位|A:ヒューガルデン ゼロ【18.3%】
  • 3位|C:サッポロ プレミアムアルコールフリー【15%】
  • 4位|F:キリン グリーンズフリー【15%】
  • 5位|E:サントリー オールフリー【11.7%】
  • 6位|B:バドワイザー ゼロ【10%】

1位の「D:アサヒドライゼロ」だけに票が集中したわけではなく、ほかの銘柄にも満遍なく票が集まりました。2位以下の銘柄はすべて10%台なので、単純に飲んだ人の好みが反映されたのかもしれません。

一番飲み応えがあるのはコレ!「アサヒ ドライゼロ」

「ノンアルコールビールは飲み応えが足りない!」というのは一昔前の話です。最近のノンアルコールビールは、どの銘柄も本来のビールに負けないくらいの飲み応えがあります。
そのなかで栄光の第1位に輝いたのは、再び「D:アサヒドライゼロ」でした!「バランスが良い」の一言に尽きます。

  • 1位|D:アサヒドライゼロ【40%】
  • 2位|C:サッポロ プレミアムアルコールフリー【18.3%】
  • 3位|F:キリン グリーンズフリー【13.3%】
  • 4位|A:ヒューガルデン ゼロ【13.3%】
  • 5位|E:サントリー オールフリー【11.7%】
  • 6位|B:バドワイザー ゼロ【3.4%】

1位の「D:アサヒドライゼロ」に続いて、2位の「C:サッポロ プレミアムアルコールフリー」もしっかりとした飲み応えがあります。逆に一番スッキリしているのは、「B:バドワイザー ゼロ」です。

ビールで「スッキリしている」というとマイナス印象に捉えがちですが、発想を転換すると「最も飲みやすいノンアルコールビール」とも取れます。そのため飲み応えを重視するなら「D:アサヒドライゼロ」飲みやすさを求めるなら「B:バドワイザー ゼロ」といった飲み方が推奨されます。

正直コレが一番個人的には好き!「ヒューガルデン」

「そこはアサヒ ドライゼロじゃないんかい!」と突っ込みたくなりますが、本項目では「A:ヒューガルデン ゼロ」がトップの座につきました。本銘柄の爽やかで、かつフルーティな味わいが大人気でした。

  • 1位|A:ヒューガルデン ゼロ【40%】
  • 2位|D:アサヒドライゼロ【28.3%】
  • 3位|C:サッポロ プレミアムアルコールフリー【13.3%】
  • 4位|E:サントリー オールフリー【8.3%】
  • 5位|F:キリン グリーンズフリー【5%】
  • 6位|B:バドワイザー ゼロ【5%】

トップ1・2以外の銘柄はどれも票数が10%前後で、近い評価を獲得しています。「E:サントリー オールフリー」と「F:キリン グリーンズフリー」はバランスが良く、万人受けしやすいのが特徴です。

なお、これらのランキングはあくまで個人的な好みによって決まっているため、「1位の銘柄が1番おいしい」とは限りません。その事実を念頭に置いた上で、導入するノンアルコールビールの銘柄を検討しましょう。

飲み比べ会で使用したノンアルコールビールの銘柄紹介

最後に、飲み比べで使用したノンアルコールビールの銘柄を1つずつ紹介します。気になる銘柄を見つけた飲食店様は、ぜひ以下の詳細をチェックしてみてください。

ヒューガルデン ゼロ

ヒューガルデン ゼロ

  • 原産国:韓国
  • 度数:0.0%(0.05%未満)

ビールからアルコール分を除去する「脱アルコール製法」により、「ヒューガルデン」本来の魅力を損なわずにアルコールゼロを実現しました。華やかな香りと、フルーティな味わいが特徴です。

容量:330ml

参考価格:162 円(税抜)

バドワイザー ゼロ

バドワイザー ゼロ

  • 原産国:韓国
  • 度数:0.0%(0.05%未満)

世界80ヵ国以上で愛されている「バドワイザー」のノンアルコールビールです。バドワイザー本来のスムースな味わいはそのままで、クリアな味わいとなめらかな飲み口を実現しています。

容量:350ml

参考価格:142 円(税抜)

サッポロ プレミアムアルコールフリー

サッポロ プレミアムアルコールフリー

  • 原産国:日本
  • 度数:0.0%(0.05%未満)

麦芽100%麦汁と、バイエルン産アロマホップ(75%以上)を使用したプレミアムなノンアルコールビールです。アルコールフリーではあるものの、麦芽由来の濃厚な味わい、ホップの爽やかな香りはそのまま。飲み応えもしっかりと感じられます。
※瓶の保証金込みの参考価格です

容量:334ml

参考価格:182 円(税抜)

アサヒドライゼロ

アサヒドライゼロ

  • 原産国:日本
  • 度数:0.0%(0.05%未満)

「アサヒスーパードライ」本来のドライなのどごし、スッキリとクリアな後味をノンアルコールビールとして再現しました。アルコールゼロに加え、カロリーゼロ、糖質ゼロであるのも魅力的。
※瓶の保証金込みの参考価格です

容量:334ml

参考価格:175 円(税抜)

サントリー オールフリー

サントリー オールフリー

  • 原産国:日本
  • 度数:0.0%(0.05%未満)

麦芽の味わい・ホップの香り・飲み応えのバランスが良好で、かつスッキリとした後味が魅力的な銘柄です。「新・オールフリー」では、飲み応えと爽やかな後味が増しています。
※瓶の保証金込みの参考価格です

容量:334ml

参考価格:180 円(税抜)

キリン グリーンズフリー

キリン グリーンズフリー

  • 原産国:日本
  • 度数:0.0%(0.05%未満)

ビールの代わりではなく、「本当においしいから、積極的に飲みたい飲み物」として誕生したのがこの銘柄。クセになるスッキリと爽やかな味わい、ビールのような確かな飲み心地が特徴です。
※瓶の保証金込みの参考価格です

容量:334ml

参考価格:185 円(税抜)

まとめ

本記事では、カクヤス営業メンバー60名でノンアルコールビール6種を飲み比べし、その結果や感想を紹介しました。それぞれの項目で、栄えある1位を獲得したのは以下の銘柄です。

  • ビールに一番近い銘柄:アサヒドライゼロ
  • 麦の味わい(麦芽)を一番感じる銘柄:アサヒドライゼロ
  • ホップの香りを一番感じる銘柄:アサヒドライゼロ
  • 飲み応えが一番ある銘柄:アサヒドライゼロ
  • 正直一番好きな銘柄:ヒューガルデン ゼロ

今回の飲み比べでは、「アサヒドライゼロ」が5項目中4項目で1位を獲得しました。バランスに優れた、隙のないノンアルコールビールだと言えます。

しかし、今回の検証結果は個人差によるところも大きいため、必ずしも全員が同じ感想を抱くとは限りません。あくまで参考程度に留めて、自店舗に適したノンアルコールビールを探してみてください。

なお、業務用酒販店であるカクヤスでは、今回紹介したノンアルコールビール6種をすべて取り扱っております。導入のご相談や、銘柄選択のご相談等も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事を書いた人

カクヤス編集部

飲食店なんでもスクエアは、国内業務用酒販売 上No.1、首都圏飲食店顧客満足度No.1の実績をもつ酒販店「なんでも酒やカクヤス」が運営するメディアです。
カクヤスグループは2021年11月に創業100周年を迎えました。酒販業一筋、お酒を通してお客様のご要望に「なんでも」応えたい!長きにわたり信頼されてきた実績と共に、これからも 変わらぬ気持ちでお客様に向き合ってまいります。

カクヤス編集部にはワインエキスパート・エクセレンスやシニアソムリエ、SAKE DIPLOMAなど お酒の資格を持ったメンバーや、飲食店様に15年以上寄り添ってきた営業スタッフ、店舗スタッフなど様々なメンバーがいます。

飲食店様へ旬なトレンド情報、経営の役に立つ情報、私たちにしかお届けできないお酒にまつわる情報などなど、いままでの経験を基に積極的に発信していきます!

ご注意

当ページに掲載されている内容は、掲載時点での情報です。
ご注文ボタンや商品リンクをクリックすると、飲食店様専用の注文サイト「カクヤスナビオンライン」へ移動します。
「カクヤスナビオンライン」は当社配達エリア内の飲食店様がご利用いただけます。会員登録(登録無料)が必要です。


20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

  • 飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
  • お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだ後はリサイクル。
  • 20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
  • 20歳未満の飲酒防止のため年齢確認をさせて頂いております。予めご了承ください。