ピュアドラフトの特徴とプレミアムビールの重要性|いま導入を検討すべき理由とは?

消費者ニーズの多様化および、新型コロナウイルス感染症による消費者動向の変化により、多くの飲食店が集客増に悩みを抱えています。この現状を踏まえた上で売上維持・拡大を目指すためには、客単価のアップが重要ポイントとなります。
そこで検討していただきたいのが、多様化している消費者ニーズに合致する「プレミアムビール」の導入です。飲食店で導入している店舗は現在あまり多くありませんが、今後はプレミアムビールの需要がさらに向上すると予測されます。

そこで今回は、今後起こり得るさまざまな問題を踏まえた上で、プレミアムビールの重要性や具体的な銘柄について解説します。

業務用酒販店であるカクヤスは、プレミアムビールや二重構造のペットボトルビール樽「ピュアドラフト」を取り扱いしています。ピュアドラフトを導入したお客様には、店内販促に使える商品ポスターやメニュー、ブランド専用のビールグラスを提供しているので、興味がある飲食店様はぜひお気軽にご相談くださいませ。

消費者ニーズの多様化により新たな商品が求められる

冒頭で解説したように、多くの商品が高い普及度を示しているビールの成熟市場において、店舗の売上維持・拡大を図るためには、客単価のアップが必要不可欠だと言えます。
多様化する消費者ニーズに対応し、客単価アップを狙う際に有効となるのが「プレミアムビール」の導入です。プレミアムビールは中身の質にこだわった高価格なビールであり、各社メーカーから最近注目されています。

酒税改正と主力ブランドの値上げ

2022年現在は第3のビール、発泡酒、ビールで税額がそれぞれ異なります。しかし、2026年10月の酒税改正により、これらビール類の税額が一本化され、ビールの税額が減少します。
ビールの税額が減少すれば提供価格を下げられると思われがちですが、配送コストや原材料高騰などの理由で、2022年10月から大手ビールメーカーが商品の値上げを行うと発表しています。さらにビールに限らず他カテゴリーの商品も値上げが続いており、飲食店はドリンクメニューの主軸であるビールの価格調整に踏み切る飲食店様が大半でしょう。
「ビールの原価が上がったから」という理由で提供価格を値上げしても、恐らく多くのお客様は納得しないはずです。グラス容量を少なくして価格を据え置きにするなど、値上げ以外の選択肢も考えられますが、常連のお客様はすぐに気付いてしまうでしょう。

一方、質の高いプレミアムビールを高価格で提供すれば、「良いものだから高い」という納得感を与えることができます。また、酒税改正で発泡酒や新ジャンルよりビールの需要が高まることもあり、この方法で客単価を上げることで、結果的に顧客満足度が向上し、売り上げや集客アップにつなげられるはずです。

日本と海外におけるビール市場の比較

日本と海外におけるビール市場を比較した場合、日本人一人あたりのビール消費量は比較的多く、市場は成熟していることがわかりました。この傾向は米国やEUなどの先進国にも当てはまっており、今後はさらに加速すると予想されます。
ビール市場が成熟する過程では消費者のニーズが多様化し、その対応に必要な商品数が増加します。傾向としては、高単価かつ主流であるラガー以外のスタイルが伸長するとされており、実際に米国ビール市場では、単価の高いクラフト・プレミアムセグメントが伸びています。

日本ビール市場は米国の後追いをすることが多いため、近い将来、日本でも同じようにプレミアムビールが流行する可能性が高いのです。
なお、日本のスーパーマーケットで販売される自宅用のビールに関しては、消費者のニーズに対応しており、ライト・バリューやピルスナータイプ以外の商品も取り揃えています。その動きは、コロナ禍の家飲み需要により一気に加速しました。
その一方、ほとんどの飲食店がメニューに対応しておらず、ビールは大手ビールメーカーの主力ブランドのものが多く、ビールのタイプは限定的です。

プレミアムビールを導入すべき理由

今後は単価の高いクラフト・プレミアムセグメントが重要になることを踏まえた上で、プレミアムビールを導入すべき理由を解説します。
そもそもプレミアムビールとは、高品質で高価格のビールのことです。今後は新型コロナウイルス感染症の影響により、消費者の外食頻度が減少し、結果的に飲食店を利用する客数が減少すると予測されます。
また、消費者ニーズの多様化によるメニュー構成の複雑化もあり、客数の低下と複雑化がより飲食店の売上低下に影響を及ぼします。この現状を打開する1つの解決策として、プレミアムビールの導入をご検討ください。

プレミアムビールを導入して「ビールの質を向上させた」ということを周知すれば、ビールの価格調整を自然と行えます。ビールは売上構成比の大部分を占めるため、提供価格をアップさせることで、結果的に売上の向上にも期待できるでしょう。
さらに、「クオリティの高いビールが飲みたい」「さまざまなタイプのビールが飲みたい」という消費者のニーズも相まって、飲食店と消費者でwin-winの環境を作り出すことが可能です。

プレミアムビールの特徴と銘柄

プレミアムビールは、原料や醸造方法にこだわった高品質かつ高価格のビールを指します。厳選された原料だけを使って造られるため、必然的に価格も高くなってしまうのです。
しかし、プレミアムビールの明確な定義は存在しません。メーカーによって「プレミアム」と名付けるポイントはさまざまです。
プレミアムビールのなかには世界的に有名なものが多く、通常のビールよりも特別感を味わうことができます。

プレミアムビールの導入方法

プレミアムビールの導入方法はいくつも考えられますが、生ビールで提供できる「樽生」が一般的です。導入できる銘柄は多くありませんが、日本のプレミアムビールですと「ヱビスビール」や「ザ・プレミアム・モルツ」などがあります。
しかし、世界的に人気のある「ヒューガルデン」や「ステラ アルトワ」の場合、国産ラガーとの併用だと容量が大きかったり、鮮度保持ができずに廃棄リスクが高くなったりするため、海外ドラフトビールの導入にはハードルがありました。
そのハードルを解消するのが、最近話題の「ピュアドラフト(PureDraught)」です。プレミアムビールの提供方法は、これまで一般的であった「樽生」「瓶」「缶」だけでなく、「ピュアドラフト」という選択肢があることも覚えておきましょう。

ピュアドラフト(PureDraught)とは?

そもそもピュアドラフトとは、Anheuser-Bush InBev(アンハイザーブッシュ インベブ)」によって特別に開発された、二重構造のペットボトルのビール樽のことです。空気圧によってビールを絞り出すため、ガスがビールに触れることなく、ガスによる酸化を防いでくれます。
つまり、ピュアドラフトはビールの長期鮮度維持が可能であるため、従来のスチール樽が抱えていた「直接ガスがビールに触れて劣化が進む」という悩みを解消しているのです。
なお、ピュアドラフトの安全構造を含むディスペンスヘッドに対しては、グローバル特許が取得されています。「​​Innovation Awards 2019」では、グローバルイノベーション賞を受賞した、という実績も残しています。

ピュアドラフトの魅力

ピュアドラフトの魅力は、大きく分けて以下の3つが考えられます。

  1. 廃棄リスクを削減できる
  2. ブランドを打ち出したグラスなどの販促物が充実している
  3. プレミアム輸入ブランドの導入が容易になる

それぞれ1つずつ解説します。

魅力1.廃棄リスクを削減できる

1つ目の魅力は、廃棄リスクを削減できることです。ピュアドラフトは開封後、最大約4週間の鮮度維持が実現します。

ピュアドラフトは従来のスチール樽に比べて約4倍長く鮮度が保たれるため、相対的に廃棄リスクの削減につながります。新型コロナウイルス感染症によって客数が減少しているなか、廃棄リスクを削減させることは、利益向上に向けた有効施策だと言えるでしょう。

魅力2.ブランドを打ち出したグラスなどの販促物が充実している

ブランドを打ち出したグラスなどの販促物が充実していることも魅力の1つです。ピュアドラフトを使用すれば、注ぐ量を自由に調節できるため、現状のグラスをそのまま使うことができます。
しかし、ブランドを打ち出したグラスを使用することで、「通常のグラスを使用するよりも粗利を上げられる」というメリットがあります。
専用グラスはビールの実身が少ないものの、デザインがスタイリッシュなので高級感を演出できます。
プレミアムビールの価格設定と相まって、さらに店舗の利益を伸ばすことができるでしょう。

※仕入値、販売価格、粗利金額は参考値です。

※仕入値、販売価格、粗利金額は参考値です。

資料:Anheuser-Busch InBev Japan株式会社
編集・加工:カクヤス編集部

魅力3.プレミアム輸入ブランドの導入が容易になる

3つ目の魅力は、プレミアム輸入ブランドの導入が容易になることです。ピュアドラフトを導入すれば、世界中で親しまれている「ヒューガルデン」と「ステラ アルトワ」が手軽に提供できるようになります。

また、ピュアドラフトを導入した店舗様には、店内販促に使える商品ポスターやメニュー、ブランド専用のビールグラス、コースターを提供しています。ぜひこの機会にピュアドラフトの導入を検討してみてください。


ピュアドラフトで提供できるブランド

先ほど解説したように、ピュアドラフトを導入すれば「ヒューガルデン」と「ステラ アルトワ」をペットボトル樽で仕入れることができます。これら2つのブランドについて、それぞれの特徴を解説します。

これらのビールを提供する際は、メニュー価格の設定も重要になってきます。原価や市場価格からの設定や、すでに国産生ビールを導入している場合の価格差からの設定など、酒販店の担当営業に相談すれば貴店に合った価格シミュレーションを提案してくれます。
※ビールサーバーを設置済みの飲食店様は、サーバー交換不要ですがディスペンスヘッド交換が必要となります。

ヒューガルデン ホワイト 12L ピュアドラフト樽

自然な苦味と特有の清涼感が特徴的なホワイトビールです。日本でも人気の高いベルギー産のビールであり、華やかでスッキリとしたフレーバーを感じられます。
そのため、「普段ビールを飲み慣れていない」というお客様にもおすすめできます。なお、ヒューガルデンは国際的なビールの祭典「ワールドビアカップ」のベルギーホワイトビール部門にて、通算6度の金賞を受賞しています。それほど人気の高いビールだと言えるでしょう。
ヒューガルデンは「ベルジャンホワイト」というベルギーで古くから造られていた伝統的なビールのスタイルです。小麦由来の甘酸っぱさや、オレンジピール由来のフルーティな香りが楽しめます

ヒューガルデン ホワイト 12L ピュアドラフト樽

ヒューガルデン ホワイト 12L ピュアドラフト樽

アルコール度数:5.0%
産地:ベルギー

容量:12L

参考価格:11,510 円(税抜)

ステラ アルトワ 12L ピュアドラフト樽

ステラ アルトワはピルスナータイプのビールとして、ベルギーが世界に誇るプレミアムラガービールです。キレのある爽快な飲み口が特徴的で、草のようなホップの爽やかな香りが心地よい。
口当たりもやさしいため、万人受けしやすいビールだと言えます。「海外ビール独特の強い香りが好きではない」というお客様におすすめしましょう。

ステラ アルトワ 12L ピュアドラフト樽

ステラ アルトワ 12L ピュアドラフト樽

アルコール度数:5.0%
産地:ベルギー

容量:12L

参考価格:10,510 円(税抜)

カクヤス営業スタッフに「ヒューガルデン」のおすすめポイントを聞きました!

  • 知名度、プレミアム感等他のビールより個性がある。
  • 和食、焼鳥、肉業態に合うと感じました。
  • 最近は元々あまりビールを飲まない女性の間でも人気が広がってきたので、女性をターゲットにしたいお店におすすめしたい。
  • ブランド力があり、高単価なお客様に提案したい。
  • 人気や認知度が高い上に自分自身が美味しいと思うため自信を持っておすすめできる。
  • 夏に向けて、ホワイトビールの需要が上がること、女性、若者の多いお店に提案したい。
  • プレミアムビールとして客単価アップに寄与する。
  • 国産ビールにはないホワイトビールが魅力。大手ビールメーカーのビールとの差別化が明確。
  • 知名度もありどんなお料理にも合うイメージがつく。

まとめ

本記事では、プレミアムビールの重要性とピュアドラフトの特徴を解説しました。
ビールの値上げと新型コロナウイルス感染症の影響により、飲食店の売上を確保するためには、客単価がさらに重要になると予測されます。しかし、ビールの提供価格を理由なく高めてしまうと、顧客満足度の低下を招くリスクがあるため注意が必要です。
そこで検討していただきたいのが、高品質・高価格のプレミアムビールです。プレミアムビールを導入して提供価格を調整すれば、お客様に納得感を与えることができます。また、同時にピュアドラフトを導入することで、より効果的な提供方法を実現できるでしょう。

業務用酒販店であるカクヤスであれば、プレミアムビールをスピーディに仕入れることが可能です。また、ピュアドラフトの導入にも対応していますので、ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

この記事を書いた人

カクヤス編集部

飲食店なんでもスクエアは、国内業務用酒販売 上No.1、首都圏飲食店顧客満足度No.1の実績をもつ酒販店「なんでも酒やカクヤス」が運営するメディアです。
カクヤスグループは2021年11月に創業100周年を迎えました。酒販業一筋、お酒を通してお客様のご要望に「なんでも」応えたい!長きにわたり信頼されてきた実績と共に、これからも 変わらぬ気持ちでお客様に向き合ってまいります。

カクヤス編集部にはワインエキスパート・エクセレンスやシニアソムリエ、SAKE DIPLOMAなど お酒の資格を持ったメンバーや、飲食店様に15年以上寄り添ってきた営業スタッフ、店舗スタッフなど様々なメンバーがいます。

飲食店様へ旬なトレンド情報、経営の役に立つ情報、私たちにしかお届けできないお酒にまつわる情報などなど、いままでの経験を基に積極的に発信していきます!

ご注意

当ページに掲載されている内容は、掲載時点での情報です。
ご注文ボタンや商品リンクをクリックすると、飲食店様専用の注文サイト「カクヤスナビオンライン」へ移動します。
「カクヤスナビオンライン」は当社配達エリア内の飲食店様がご利用いただけます。会員登録(登録無料)が必要です。


20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

  • 飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
  • お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだ後はリサイクル。
  • 20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
  • 20歳未満の飲酒防止のため年齢確認をさせて頂いております。予めご了承ください。