数々の受賞歴を誇る「ホイッスルピッグ」の特徴|3種類のラインナップを紹介【語れるウイスキー vol.7】

奇跡のウイスキーと呼ばれる「ホイッスルピッグ」の魅力をご存知でしょうか?ホイッスルピッグは、ライ・ウイスキー界で最多の受賞歴を誇るウイスキーブランドです。
ホイッスルピッグは長い熟成期間を設け、ライ麦の使用割合を高めることで、ほかのライ・ウイスキーにはない深い味わいを実現しています。今回は、ホイッスルピッグの特徴や蒸留所、実際に飲んでみた感想を紹介します。

すでにホイッスルピッグを導入している店舗様はさらなる知識を、まだ導入していない店舗様は本シリーズの魅力を知っていただき、ぜひ店舗への導入をご検討ください。

ウイスキープロフェッショナル(ウイスキー文化研究所)の資格を持つカクヤス営業スタッフがおすすめポイントをお伝えします!

ホイッスルピッグの特徴

ホイッスルピッグは、数々の受賞歴を誇るプレミアムライ・ウイスキーにおけるリーディングブランドです。ライ・ウイスキー界では、最多の受賞歴を誇ります。
ホイッスルピッグはライ・ウイスキーの良さを守り、無駄な部分だけを削ぎ落とした複雑かつ深みのある味わいが特徴です。その深みを体現しているのは、ライ・ウイスキーでは珍しい長い熟成期間によるものです。
ホイッスルピッグの銘柄にもよりますが、日本で取り扱いのあるものは最短でも10年以上は熟成させており、最長で15年以上の熟成期間を設けています。
なお2010年には、全米のワイン専門誌「ワイン・エンシュージアスト」では、96点という高得点を叩き出しました。一部のウイスキー愛好家たちは、ホイッスルピッグのことを「奇跡」「伝説」と呼んでいます。

ホイッスルピッグは、2021年10月13日に日本上陸を果たしました。いま話題沸騰中のウイスキーブランドだと言えます。

ホイッスルピッグの歴史と蒸留所

ホイッスルピッグは2007年に設立されました。伝説と呼ばれたマスター・ディスティラー、故デイヴ・ピッカレル氏率いるチームによって、ライ・ウイスキーづくりをスタート。

2015年、バーモント州の東京ドーム43個分のファームに蒸留所を建設し、ウイスキーづくりの限界に挑戦します。2017年には、米国最大の出品数を誇る「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」にて、最優秀ウイスキーの称号を獲得しました。
ホイッスルピッグの蒸留所では、主原料であるライ麦の収穫からグラスに注がれるまでを一貫する「ファーム・トゥ・グラス」により、真のライ・ウイスキーを造ることを目指しています。毎年、自社畑で収穫したライ麦を使った商品を手がけたり、試験的な穀物の播種(種を播くこと)を行うなど、ウイスキーづくりに情熱を注いでいます。

現在、ホイッスルピッグはウルトラプレミアムライ・ウイスキーのカテゴリーでNo.1のブランドまで成長し、ライ・ウイスキーを牽引し続けています。

ホイッスルピッグの製造方法

前述した通り、ホイッスルピッグは世界で最も多くの賞を受賞したライ・ウイスキーブランドです。そもそもライ・ウイスキーは、主原料にライ麦を使用するアメリカン・ウイスキーの一種です。
ライ麦由来のスパイシーかつオイリーな味わいが特徴で、ライ麦特有のほろ苦さも感じられます。ライ・ウイスキーとして販売するためには、原料に51%以上のライ麦を使用すること、オーク材の樽で2年以上熟成すること、この2点を守る必要があります。
そして、このライ麦の使用割合が高ければ高いほど、より芳香で深みのあるライ・ウイスキーが出来上がるのです。この点、ホイッスルピッグの原料はほぼ100%ライ麦です。また、最短でも10年以上の熟成期間を設けています。
原料の大部分を占めるライ麦、非常に長い熟成期間かつ丁寧な製造方法をかけ合わせたからこそ、ライ麦由来の特徴を存分に引き出し、ライ・ウイスキーとしての魅力を余すことなく表現できているのです。

ホイッスルピッグの種類|3つのラインナップ

ホイッスルピッグには、以下3つのラインナップがあります。それぞれ熟成期間、味わい、香りが異なるため、購入する前に各銘柄の特徴をチェックしておきましょう。

  1. ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ・ライ
  2. ホイッスルピッグ 12年 オールドワールド・ライ
  3. ホイッスルピッグ 15年 エステートオーク・ライ

各ラインナップを1つずつ解説します。

ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ・ライ

「ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ・ライ」は、クリエイティビティー、革新性、そして理想の味わいを追求する情熱によって生まれたホイッスルピッグの原点です。ライ・ウイスキーのなかでは熟成期間が10年と非常に長く、複雑かつ深みのある味わいを表現しています。
ストレートやロックでの風味は格別で、クラシックカクテルやオールドファッションドのベースとしても活躍します。ハチミツ、バニラ、かすかにクローバーの複雑で繊細な香り。
そしてキャラメル、焼きオレンジ、ほのかにスモーキー、豊かで魅力的なフレーバーです。口の中いっぱいに広がるスケール感、フィニッシュは長くクリーミーですが、ライそのものの特徴も含まれ、心地の良い後味が持続します。

アメリカのワインマガジン「ワイン・エンシュージアスト」誌上、最も高得点を獲得したライ・ウイスキーの1つでもあります。

ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ・ライ

ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ・ライ

  • 熟成期間:10年
  • アルコール度数:50度
  • 香り:オレンジピール、キャラメル、アニスの香り。タバコや焦がしたオーク樽のニュアンス
  • 味わい:ライ・ウイスキー特有のスパイスやトフィーの風味を感じる力強い味わい。バニラやスペアミントのヒント
  • 余韻:スパイス、トーストしたオーク樽、かすかなキャラメルの余韻が長く残る

容量:700ml

参考価格:10,000 円(税抜)

ホイッスルピッグ 12年 オールドワールド・ライ

続いて紹介する「ホイッスルピッグ 12年 オールドワールド・ライ」は、アメリカン・ウイスキーとオールドワールドのワイン樽を組み合わせたことで実現した銘柄です。
アメリカンオークの新樽で10年以上熟成させたあと、「ポートワイン樽」「ソーテルヌワイン樽」「マデイラワイン樽」の3種類のワイン樽で仕上げます。ワイン樽それぞれのユニークな個性が際立っており、オールドワールドの土壌、気候、熟成の伝統が織り込まれ、フランス料理にも合わせて楽しめる風味が特徴的です。
栓を開けた瞬間から漂うハチミツのような甘い香りが心地よく、一口飲んだだけでアップルパイを感じさせるまろやかな風味が口いっぱいに広がります。アルコールの刺激は少なく、口当たりが軽くて優しいです。

ホイッスルピッグ 12年 オールドワールド・ライ

ホイッスルピッグ 12年 オールドワールド・ライ

  • 熟成期間:12年
  • アルコール度数:43度
  • 香り:デーツ(ナツメヤシ)、レーズン、蜂蜜、マーマレード、アップルパイの香り
  • 味わい:アプリコットと蜂蜜のあと、ライ・ウイスキー特有の溌剌(はつらつ)としたスパイス香と、プラム、キャラメルの風味が現れる。ほのかなミントのニュアンス
  • 余韻:冬の果物、オーク香、ダークチョコレート、バタースカッチへと変化し、長い余韻として残る

容量:700ml

参考価格:14,000 円(税抜)

ホイッスルピッグ 15年 エステートオーク・ライ

ホイッスルピッグが誇る、最も熟成期間が長いウイスキーの1つ「ホイッスルピッグ 15年 エステートオーク・ライ」。カスタムメイドのバーモントエステートオーク樽で追加熟成させたことで、これまでにない素晴らしい複雑味を実現しました。
敷地内で伐採されたオークは、通常のウイスキーに使用される標準的なアメリカンオーク樽よりも年輪が密に詰まっており、15年という長い熟成期間中に、多くの年輪に触れることで豊かな風味が加わります。
使用される原酒は、ストックのなかから15年熟成にふさわしいものがセレクトされ、長い熟成期間ならではのライ独特のスパイシーさ、オークのニュアンスとみずみずしい柑橘の風味を感じられます。
「お客様にプレミアムな1本を提供したい」という、強いこだわりのある店舗様におすすめの銘柄です。味わいは芳香で非常にリッチな印象を与えられるため、まずはストレートで提供してみてください。

ホイッスルピッグ 15年 エステートオーク・ライ

ホイッスルピッグ 15年 エステートオーク・ライ

  • 熟成期間:15年
  • アルコール度数:46度
  • 香り:キャラメル、バニラ、オーク香に、オールスパイス、煙草のリッチな風味が加わる。焦がしたオレンジのヒント
  • 味わい:温かくてクリーミー。バタースカッチ、シナモン、ナツメグ、クローブなどのスパイス、革、ダークチョコレートの風味
  • 余韻:オーク、キャラメル、ライ・ウイスキー特有のスパイス香を感じる、温かみのある長い余韻

容量:700ml

参考価格:27,000 円(税抜)

ホイッスルピッグのカクテルレシピ

ホイッスルピッグの各種銘柄の特徴がわかったところで、ホイッスルピッグを使ったカクテルレシピを紹介します。ストレートやロック以外で提供したい場合は、ぜひ以下のカクテルレシピをご参考ください。

アルゴンキン

「アルゴンキン」はウイスキーをベースに作られるカクテルであり、正式名称は「アルゴンキン・カクテル」と言います。カクテルの名前は、ニューヨークの伝統あるホテルの名前から取ったものだとされます。

作り方は簡単で、材料を合わせてシェイクし、カクテルグラスに注げば完成です。基本はショートドリンクですが、冷たいタイプのロングドリンクとして作ることもあります。

【材料】

  • ホイッスルピッグ:30ml
  • ドライ・ベルモット:15ml
  • パイナップルジュース:15ml

メープル オールドファッションド

古典的なカクテル「オールドファッションド」に、甘いひねりを効かせたカクテルです。ホイッスルピッグの複雑で深い味わいに、メープルシロップの甘みが加わることで、より飲みやすく口当たりの優しいお酒になります。

カクテルの作り方は、ロックグラスにすべての材料と氷を入れ、メープルシロップが溶け込むまでステアします。お好みでオレンジの皮を飾れば完成です。

【材料】

  • ホイッスルピッグ:45ml
  • メープルシロップ:7.5ml
  • アンゴスチュラビターズ:3ダッシュ

オールド・パル

「オールド・パル」は、アメリカで禁酒法が実施される前から飲まれていた歴史の長いカクテルです。ライ・ウイスキーの香りと、カンパリのほろ苦さが非常にマッチします。

作り方は材料を合わせて軽くステアし、カクテルグラスに注げば完成です。なお、オールド・パルという名称には、「古い仲間」「懐かしい仲間」という意味があります。

【材料】

  • ホイッスルピッグ:20ml
  • ドライ・ベルモット:20ml
  • カンパリ:20ml

ホイッスルピッグを実際に飲んだ口コミ/感想・評判

ホイッスルピッグを実際に飲んだ感想を「提供している飲食店様の感想」と「カクヤス営業スタッフの感想」に分けて紹介します。

ホイッスルピッグを提供している飲食店様の感想

ホイッスルピッグを実際に提供している飲食店様から感想をいただきました。

ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ・ライ

ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ・ライ

  • 率直な感想:味わいがフルーティーで程よい甘さが口の中で広がる。ハイボールにしても更に飲みやすさの中に香りが立つ。
  • 香りのイメージ:ナッツ、ハニー、フルーティー、チョコレート
  • 味わい:ライ・ウイスキーでここまで味・香りが引き立つものは今までになかった。フルーティーさや香ばしさ、ハチミツの様な甘さもとても程よく、バランスがいいと思います。
  • おすすめの飲み方:ストレート・ロック・ソーダ割り
  • 合わせたいフード:ドライフルーツ・クルミ(ナッツ)

アンケート協力:銀座 Anchor&Rudder

ホイッスルピッグ 12年 オールドワールド・ライ

ホイッスルピッグ 12年 オールドワールド・ライ

  • 率直な感想:カクテル用としてライ・ウイスキーを使う(マンハッタンやニューヨークなど)ことがありますが、カクテル用ではもったいないと思いました。まだまだライ・ウイスキーの認知度は低いので、お客様に説明を交えつつおすすめできれば。
  • 香りのイメージ:甘いバニラの香り、バーボンのような重々しい香りではない
  • 味わい:バーボンの様な飲みづらさはない。のどごしがいい。
  • おすすめの飲み方:ロック・ソーダ割り
  • 合わせたいフード:ソーセージ盛り合わせ

アンケート協力:飯田橋 Bar

ホイッスルピッグ 15年 エステートオーク・ライ

ホイッスルピッグ 15年 エステートオーク・ライ

  • 率直な感想:ライ・ウイスキーなのにしっかりと甘みもあり、ロックなどでゆっくり楽しめる。
  • 香りのイメージ:ライ・ウイスキーのよさとしっかり樽で熟成させたことのよさが合わさり、ブランデーを彷彿とさせるフルーティーな香りが最初に感じられる。花の蜜のような香りがあとから広がる。
  • 味わい:甘さは控えめ。ビターなコーヒー感が広がる。スパイス感、シナモン、生姜の辛さ、クローブ。他はココア、えごま、どくだみ感
  • おすすめの飲み方:ストレート・ロック・ソーダ割り
  • 合わせたいフード:中華料理

アンケート協力:六本木 Bar

ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ・ライを飲んだカクヤス営業スタッフの感想

続いて、カクヤス営業スタッフの感想を紹介します。

最初にオレンジの果実(柑橘系)の甘い味わい、次にライ麦パンの甘やかな香り、麦芽糖、最後に熟成感からくるキャラメルの風味を感じます。

【30代前半男性】
スモーキーで余韻が長く続く。1口目より後の余韻で楽しめる。パワフルなウイスキー。ストレートで楽しみたい。

【40代前半男性】
クセがないのでウイスキー初心者でも飲みやすい。

【40代後半男性】
度数が高いがアルコール感を感じさせない。旨味をしっかり感じる。

【20代後半女性】
まずボトルのデザインが可愛く他にはない感じ。度数が高くパンチがある。

奇跡のウイスキーと呼ばれるホイッスルピッグの導入を検討しよう

本記事では、ホイッスルピッグの特徴や製造方法、3種類のラインナップを解説しました。
ホイッスルピッグは、ライ・ウイスキー界で最多の受賞歴を誇るウイスキーです。ライ・ウイスキーでは珍しく、長い熟成期間を設けており、ほかの銘柄にはない深みと複雑さを感じられます。
提供方法はストレートやロックがベストですが、カクテルベースとしても活躍するため、複数の提供方法を用意しておくことをおすすめします。

なお、業務用酒販店であるカクヤスであれば、ホイッスルピッグをスピーディーに仕入れることが可能です。銘柄によっては1本から導入できるほか、365日年中無休の配送にも対応しています。ウイスキーの仕入れ相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

語れるウイスキーシリーズ

vol.1 フォアローゼズ

vol.1 フォアローゼズ

伝統的なバーボン「フォアローゼズ」の特徴を解説!アレンジ次第で提供方法は無限大

フォアローゼズの特徴や種類、基本的な楽しみ方を解説。おすすめポイントもお伝え!実際に導入している飲食店様の生の声や、カクヤス営業スタッフが実際にテイスティングした感想もご紹介しています。

vol.2 キリン シングルグレーンウイスキー 富士

vol.2 キリン シングルグレーンウイスキー 富士

「キリン シングルグレーンウイスキー 富士」の魅力とは?新作ブランドも併せて解説

香り・味わい・余韻・見た目、すべてにおいてハイクオリティ、その人気は日本国内だけに留まらず、世界中からも支持されている「シングルグレーンウイスキー 富士」をご紹介しています。

vol.3 ブルックラディ

vol.3 ブルックラディ

アイラ島で製造される「ブルックラディ」の特徴や歴史を解説!

エレガントな香りとアイラモルト特有の風味が特徴的な「ブルックラディ」というウイスキーをご存知ですか?ウイスキーでは珍しいテロワールの概念を取り入れたシングルモルトウイスキー「ブルックラディ」をご紹介しています。

vol.4 イーガンズ

vol.4 イーガンズ

プレミアムなウイスキー「イーガンズ」の魅力とは?6つのシリーズをそれぞれ解説

伝説のウィスキーと評される「イーガンズ」、その歴史と6つのシリーズを実際に飲んだ感想と共にご紹介しています。

vol.5 ポートシャーロット

vol.5 ポートシャーロット

奥深いコクとスモーキーな味わいが魅力的な「ポートシャーロット」

テロワールの考えを大切に作られている3つのラインナップを実際に飲んだ感想とともにご紹介します。

vol.6 メーカーズマーク

vol.6 メーカーズマーク

レッドトップでお馴染みの「メーカーズマーク」

その歴史や冬小麦でつくる製法と3つのラインナップをご紹介します。

この記事を書いた人

カクヤス編集部

飲食店なんでもスクエアは、国内業務用酒販売 上No.1、首都圏飲食店顧客満足度No.1の実績をもつ酒販店「なんでも酒やカクヤス」が運営するメディアです。
カクヤスグループは2021年11月に創業100周年を迎えました。酒販業一筋、お酒を通してお客様のご要望に「なんでも」応えたい!長きにわたり信頼されてきた実績と共に、これからも 変わらぬ気持ちでお客様に向き合ってまいります。

カクヤス編集部にはワインエキスパート・エクセレンスやシニアソムリエ、SAKE DIPLOMAなど お酒の資格を持ったメンバーや、飲食店様に15年以上寄り添ってきた営業スタッフ、店舗スタッフなど様々なメンバーがいます。

飲食店様へ旬なトレンド情報、経営の役に立つ情報、私たちにしかお届けできないお酒にまつわる情報などなど、いままでの経験を基に積極的に発信していきます!

当ページに掲載されている内容は、掲載時点での情報です。
ご注文ボタンや商品リンクをクリックすると、飲食店様専用の注文サイト「カクヤスナビオンライン」へ移動します。
「カクヤスナビオンライン」は当社配達エリア内の飲食店様がご利用いただけます。会員登録(登録無料)が必要です。


20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

  • 飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
  • お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだ後はリサイクル。
  • 20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
  • 20歳未満の飲酒防止のため年齢確認をさせて頂いております。予めご了承ください。