美味しくてコストパフォーマンスが良いワイン。注目の産地、南アフリカ

ボルドー、ブルゴーニュなど銘醸地の有名ワインの値段はどんどん上がっています。美味しいワインを気軽に飲んでいただきたいと飲食に関わる私たちは常に思っているのに、これでは若い消費者のワイン離れが進んでしまいます。
どうしたらいいか?そうです、私たち提供する側が、美味しくてコストパフォーマンスの良いワインを知ることが大切です。

世界のトレンドから見る南アフリカワイン

今、コストパフォーマンスの良いワイン産地の中でもイギリスなどワイン消費の先進国から熱烈な支持を受けているのが南アフリカのワインです。日本からは遠い距離にあり馴染みが薄いかもしれませんが、南アフリカのワインは様々なスタイルをもち、お値段もリーズナブルなものが多いので飲食店でも取り入れやすいです。

さらに欧米のワイン消費者は環境問題にも非常にシビアです。地球環境を大切にしていない栽培や醸造方法のワインはもちろん見向きもされません。さらに瓶が重たいだけでも(配送や空き瓶の処理に大量のCO2が発生してしまうことが考えられるので)、どんなに高級なワインであろうが試飲すらしない有名ワインジャーナリストの方もいます。

サステイナブルなワインづくり

南アフリカワインが欧米の(目の肥えた)消費者に支持されているのは、「サステイナブルなワインづくり」がワイン業界全体で共通認識をされていて、国が保証しているシステムも一因です。南アフリカのワインボトルを見ると、ほとんどのものに認証マークがついており、自然環境の保護と、労働環境の改善、数世代先を見越したワイン産業の継続を目指したガイドラインを規定し、南アフリカのブドウ栽培農家、ワイナリーの95%がガイドラインに沿ったワインづくりを行なっています。

古木の保護を行うオールド・ヴァイン・プロジェクト

オールド・ヴァイン・プロジェクト(OVP)は樹齢20年を超えたブドウ樹の保護を目的とした組織で、樹齢35年以上のブドウ樹をリストアップし認定を与えています。樹齢35年以上の樹は、南アフリカ全体の栽培面積のたった3.4%しかありません。

この認定を受けたブドウからのみできたワインは、植樹された年が印刷された認定シールを貼ることができます。ワインはもちろん高品質で、果実味が凝縮しており非常に満足のいくワインが多く、プレミアムな価値が付きます。

品質の高いワインができるわけ

アパルトヘイトの終結

南アフリカのワインの歴史は約360年前。オランダの東インド会社から派遣された初代ケープ・タウンの総督ヤン・ファン・リーベックが1655年にブドウ樹を持ち込みました。(ちなみにヤン・ファン・リーベックは江戸時代に長崎の出島にも住んでいたことがあります!)その後アパルトヘイト政策による国際的な孤立でワイン業界も低迷していましたが、1994年にネルソン・マンデラが釈放されアパルトヘイトが終結したことにより、一気に需要を取り戻しました。ワイン生産者は量より質を求めるようになり、世界を旅した若手生産者たちによって品質の向上が目覚ましく進んでいます。

恵まれた気候環境

素晴らしいワインを造る重要なポイントの1つに、南アフリカの恵まれた気候環境があります。ワイン産地は西ケープ州に集中しています。ブドウ栽培にぴったりの南緯2734度に位置し、穏やかな地中海性気候で、豊富な日照量がありながらもワインにエレガントさを与える南極からの冷たい海流が沖を流れています。ブドウの病害を防いでくれるケープドクターと呼ばれる強く乾燥した風が吹くことで、農薬の使用を抑えることができ、地球にも非常に優しいワイン造りの環境となっています。

押さえておきたい南アフリカワインの産地

南アフリカワインは、ワイン造りがヨーロッパから伝わった「新世界」の産地の中でも果実味が強すぎず、滋味深い旨味のあるヨーロッパスタイルで、まさにフランスワインの代替としてもぴったりです。

それでは、その中でも注目の産地を解説していきましょう。

ブルゴーニュに匹敵する高品質ピノ・ノワール&シャルドネの産地
ケープ・サウス・コースト

今ブルゴーニュのワインの価格高騰がすごいですよね。飲み頃でお手頃なものがなかなか見つかりにくい時代ですが、エレガントで滑らかな飲み口が魅力のブルゴーニュの人気は落ちることがありません。
実は、西ケープ州の南側の沿岸地帯(ケープ・サウス・コースト)は、非常に冷涼な地域で、ピノ・ノワールやシャルドネから実に高品質なワインが生まれています。

ケープ・サウス・コースト内でもエルギンやウォーカー・ベイという産地のものが特におすすめです。

エルギン

アップルタイザーの本社があり、農地の8割がリンゴや洋梨を栽培している場所ですが、標高が高く起伏のある盆地からは高品質なピノ・ノワールとシャルドネが栽培されています。ブルゴーニュの格付けワインにも引けを取らないワインが多々見つかるのもこの地域です。特に、ワインの世界で世界最高峰の権威であるマスター・オブ・ワインのリチャード・カーショウのワインは、世界でもトップクラスの評価を得ています。

ウォーカー・ベイ

氷のように冷たい南極からの海流沿いの産地で、こちらもピノ・ノワールとシャルドネからの洗練された高品質ワインが生まれています。特に「天国と大地」という意味のヘメル・アンアードという小地区は「ウォーカー・ベイのグラン・クリュ」とも呼ばれており、南アフリカにしては値段も少々高めですが、まさにブルゴーニュのグラン・クリュに負けない味わいです。

エルギン ピノ・ノワール クローナル セレクション / リチャード カーショウ ワインズ
赤ワイン

エルギン ピノ・ノワール クローナル セレクション / リチャード カーショウ ワインズ

  • ブドウ品種:ピノ・ノワール100%
  • 生産地域:エルギン
  • アルコール度数:13.5%
  • 熟成:フレンチオーク樽11ヵ月(新樽比率12%)

フローラルかつ新鮮な赤果実のアロマと細やかな心地よいタンニンを持ち、非常にストラクチャーが整ったワインです。黒果実、ザクロ、バラ油、ラズベリーなどのフレーバーが魅力です。

容量:750ml

参考価格:5,660 円(税抜)

シャルドネ / アタラクシア
白ワイン

シャルドネ / アタラクシア

  • ブドウ品種:シャルドネ100%
  • 生産地域:ウォーカー・ベイ ヘメル・アン・アード
  • アルコール度数:13%
  • 熟成:100%ブルゴーニュから買い付けた225Lのフレンチオークで発酵&熟成10ヵ月(新樽21%、2年目樽79%)

グレープフルーツ、白桃、熟した梨、ナッツなどの香り。ミネラル分が豊かでしっかりした酸味、骨格のハッキリしたボディ、凝縮した果実味で、力強さもある。味わいは、複雑でやや濃厚、なめらかでクリーミー。酸味と果実味、ボディ、全てにおいてバランス良くエレガントにまとまっている。ゴージャスかつスタイリッシュ、余韻も長く、クラシックなスタイルのワイン。

容量:750ml

参考価格:4,400 円(税抜)

価格は掲載時点での参考価格です。全て税抜表記です。

ボルドーのような骨格ある重たい赤ワインが味わえる産地
ステレンボッシュ

ステレンボッシュは南アフリカ最大のブドウ栽培面積を誇る、南アフリカを代表する産地です。そして最も栽培されている品種は、ボルドーの高品質ワインの主要品種と同じカベルネ・ソーヴィニヨンです。

特徴としてはまさにボルドー左岸の格付けワインにあるような、熟した黒系果実やスパイス、スギのような清涼感を感じるフルボディの赤ワインを生み出します。さらに、フレンチオークでじっくり熟成させてから出荷されたものは、しっかりとした量のタンニンながら緻密な口当たりを持ち、コストパフォーマンスの素晴らしいワインとなっています。

ウガバ / アンウィルカ ヴィンヤード
赤ワイン

ウガバ / アンウィルカ ヴィンヤード

  • ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン59%、シラー28%、プティ・ヴェルド12%、マルベック1%
  • 生産地域:ステレンボッシュ
  • アルコール度数:14%
  • 熟成:フレンチオーク樽400Lで10ヵ月(新樽比率20%)
  • その他:コス・デストゥルネルの元オーナーとアンジェリュスのオーナーが共同で設立したワイナリー

プラムやバニラ、ローストしたスパイスのアロマと濃厚な黒果実のフレーバーを持ちます。細やかな樽由来のタンニンの酸味の程よいバランスも魅力のフルボディな赤ワインです。

容量:750ml

参考価格:2,230 円(税抜)

スタークコンデ カベルネソーヴィニヨン / スタークコンデワインズ
赤ワイン

スタークコンデ カベルネソーヴィニヨン / スタークコンデワインズ

  • ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン85%、プティ・ヴェルド8%、プティ・シラー4%、マルベック2%、カベルネ・フラン1%
  • 生産地域:ステレンボッシュ
  • アルコール度数:14%
  • 熟成:フレンチオーク樽20ヵ月(300L、新樽30%)

赤スグリの果実味が特徴で落ち着きのあるクラシックなスタイルのカベルネ・ソーヴィニヨンです。ダークチェリー系のフレーバーも広がり、噛み応えのあるタンニンを持つ、飲みごたえのある赤ワインです。

容量:750ml

参考価格:2,450 円(税抜)

価格は掲載時点での参考価格です。全て税抜表記です。

南アフリカで急成長のワインカテゴリー
キャップ・クラシック

シャンパーニュと同じ製法、品質なのに値段は半分

南アフリカでは、瓶内2次発酵による伝統的製法のスパークリングワインをキャップ・クラシック(MCC=Méthode Cap Classic)と呼びます。キャップ・クラシックは南アフリカで最も急速に成長しているワインのカテゴリーです。瓶の中で泡をつくった後に、最低12ヶ月間オリとともに熟成させなくてはならず、この期間が長いほどワインはキメの細かい泡立ちとなり、旨味も増していきます。

ブドウは主にロバートソン、ステレンボッシュ、パール、ダーリン、ティルバッハを含む広範囲の地域で栽培または調達されています。より大きな生産者はスタイルの一貫性のためさまざまな地域からブドウを調達しますが、土壌中に石灰岩の含有量を多く含むロバートソンとボニーヴェイルのみが非常に良い質のベースワインを生産することが知られています。これらの2つの地域は比較的狭い谷にある産地で、日較差が大きいのが特徴で、午前中は山からの日陰、午後は南の海から届く冷たい風により温度が下がることで、ワインに伸びのある酸味とエレガントさを与えます。

グラハム ベック ブリュット
スパークリング

グラハム ベック ブリュット

  • ブドウ品種:シャルドネ51%、ピノ・ノワール49%
  • 生産地域:ウエスタン・ケープ
  • アルコール度数:12%
  • 熟成:タンク内6ヵ月、瓶内18ヵ月
  • その他:ベースワインの一部にロバートソンのブドウを使用

綺麗に熟した繊細な柑橘果実のアロマやほのかな酵母香が漂う、南アフリカ産の瓶内二次醗酵ワインです。ムーズ状のきめ細かな泡と熟した柑橘系の果実味を持つ洗練された味わいが特徴です。

容量:750ml

参考価格:2,362 円(税抜)

価格は掲載時点での参考価格です。全て税抜表記です。

忘れてはいけない、南アフリカを代表する品種

世界一の栽培面積を誇る
シュナン・ブラン

南アフリカで最も栽培されている品種はシュナン・ブランです。フランスのロワール地方で古くから栽培されている品種で、ロワールに住むユグノー派の人々が宗教迫害を受け南アフリカに逃げたときに、シュナン・ブランの苗木も持ってきたことから栽培が始まりました。今では本家本元のロワールの2倍にも及ぶ栽培面積を誇っています。

南アフリカのシュナン・ブランの特徴は、その温暖な気候由来のアプリコットやトロピカル系の果実味を楽しむことができ、高い酸味がワインにエレガントさを与えてくれます。辛口から甘口まで、スパークリングワインもつくっており、さまざまなスタイルのワインがあります。価格やシチュエーションに合わせて選び分けることが大切です。

シュナンブラン / ロバートソン ワイナリー
白ワイン

シュナンブラン / ロバートソン ワイナリー

  • ブドウ品種:シュナン・ブラン100%
  • 生産地域:ロバートソン
  • アルコール度数:13%未満

パッションフルーツや熟したフルーツなど豊かな香り。活き活きした酸味の爽やかさと濃厚な果実の厚みを持ち合わせている。しっかりしたボディの白ワイン。 

容量:750ml

参考価格:1,210 円(税抜)

リーフランド オールドヴァイン シュナンブラン / リーフランド ヴィンヤーズ
白ワイン

リーフランド オールドヴァイン シュナンブラン / リーフランド ヴィンヤーズ

  • ブドウ品種:シュナン・ブラン100%
  • 生産地域:パール
  • アルコール度数:14%

白桃やリンゴ、柑橘類、パイナップルなどのリッチなノーズを持ち、芳醇で熟度の高い果実味が口中に広がります。高い酸も特徴で、軽やかな樽感と綺麗にまとまります。

容量:750ml

参考価格:1,930 円(税抜)

価格は掲載時点での参考価格です。全て税抜表記です。

南アフリカ独自のブドウ
ピノタージュ

南アフリカ生粋の品種であるピノタージュ。この品種は1925年にステレンボッシュ大学の葡萄栽培学の教授アブラハム・イザック・ペロード博士が、ピノ・ノワールと、当時エルミタージュと呼ばれていた南仏系品種サンソーを交配してつくりました。

ケープ州の温暖な気候でも育てやすく、そして安定的な収量を得られるということで栽培面積が広まり、さらに親品種の特徴とは逆に比較的濃い色調とタンニンを豊富にもち、フルボディのワインをつくることができます。主要な産地はスワートランド、パール、ステレンボッシュで、黒ブドウにおける栽培面積は、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーズに次いで第3位です。他国でも栽培はあるものの、非常に少なく、ピノタージュのワインを飲むなら南アフリカを置いて右に出るものはありません。

ピノタージュから生まれるワインは、「気軽にフレッシュさを楽しむタイプ」「樽熟成をして骨格のしっかりとしたタイプ」「カベルネ・ソーヴィニヨンやシラーとブレンドした“ケープ・レッド・ブレンド”と呼ばれるタイプ」まで様々なスタイルがあります。さらに近年は、より親品種のピノ・ノワールの特徴に近づけた華やかでエレガントなスタイルや、ピノ・ノワールやサンソーとこのピノタージュをブレンドした赤ワインをつくっている方も登場しています。

全般的にリーズナブルな価格なので、お店のスタイルやドリンクメニューのバランスを考えてスパイス的に取り入れるのはいかがでしょうか?

マン ピノタージュ セラーセレクト / マン ヴィントナーズ
赤ワイン

マン ピノタージュ セラーセレクト / マン ヴィントナーズ

  • ブドウ品種:ピノタージュ主体
  • 生産地域:パール
  • アルコール度数:14%未満
  • 熟成:新樽20%、アメリカンオークとフレンチオークで12ヵ月熟成。

モダン・スタイルのソフトでピノノワールのようなイメージのピノタージュ。ローストしたコーヒー、チョコレート、赤系果実やナツメグなどのスパイスの香り。ほのかに果実の甘味も感じ、優しい渋みのジューシー&フルーティなワイン。豊かな果実味と柔らかい飲みやすさが、このワインの魅力です。サムギョプサル・カルビ・スンドゥブ料理・チヂミなどの韓国料理やローストした豚肉、焼き鳥(タレ)、ピザ、スパイシー料理、醤油を使ったアジア系料理、カレー、たこ焼き、お好み焼きなど、幅広く様々な料理に合わせることが出来ます。

容量:750ml

参考価格:1,300 円(税抜)

スピアー シーワード ピノタージュ / スピアー ワインズ
赤ワイン

スピアー シーワード ピノタージュ / スピアー ワインズ

  • ブドウ品種:ピノタージュ100%
  • 生産地域:ウエスタン・ケープ
  • アルコール度数:14.5%
  • 熟成:オーク樽で14か月(新樽15%)、ステンレスタンクで2ヵ月

ブラックチェリーやマルベリーなど、豊潤さと複雑さを持つ風味で、スパイスやバニラ香が広がります。深い果実味と細やかなタンニン、酸のバランスが美しい味わいです。

容量:750ml

参考価格:2,100 円(税抜)

価格は掲載時点での参考価格です。全て税抜表記です。

さいごに

いかがでしたか?今回ご紹介したワイン以外にも南アフリカには様々なスタイル、価格帯のワインがあります。「うちのお店にも南アフリカワインを入れたいけれど、どれを仕入れたら良いかわからない」「うちのお店にピッタリで〇〇円以内の南アフリカワインはあるかな?」など、お困りのことがあれば無料で相談を受け付けています。まずはお気軽にお問い合わせください!

この記事を書いた人

松木 リエ

  • WSET Level 4 Diploma(2021年合格)
  • A.S.I. 世界ソムリエ協会認定 インターナショナル・ソムリエ・ディプロマ- ゴールド(2020年合格)
  • J.S.A.認定 ソムリエ・エクセレンス(2014年合格)/ SAKE DIPLOMA(2017年合格)
  • WSET Level 3 Certified(2016年合格)
  • IWC インターナショナル・ワイン・チャレンジ審査員
  • 2015-2016 WSET Level3 Decanter Asia Wine Scholarships
  • 2014年 第7回 全日本最優秀ソムリエコンクール 第4位
  • 2006年 第4回 JALUX Wine Award 準優勝
  • 2005年 第4回 Louise Pommery Sommelier Concours 第3位
  • 2005年 第6回 ロワールワイン若手ソムリエコンクール優勝
  • 2003年 第4回 Commis Sommelier Concours 最優秀賞

2000年より「オテル ド ミクニ」「タイユバン ロブション」などを経て、2006年渡仏。パリ、エクサンプロヴァンス、カシスの星付きレストランで計6年間ソムリエとして従事。2012年に帰国し、「マンダリン オリエンタル 東京」にてソムリエを3年間務め 2015年11月に独立。
その後アカデミー・デュ・ヴァン講師を経て、2019年より キャプラン ワインアカデミーにてWSET認定講師を務めている。
海外ワイン産地での研修により、南アフリカワイン協会(WOSA Japan)エデュケーション・パートナー、ボルドー ワインチューターとして日本各地でのセミナー活動や、「WINE-WHAT!?」などワイン雑誌にてテイスター、「Premium Japan」「WANDS」などで記事執筆も行っている。

当ページに掲載されている内容は、掲載時点での情報です。
ご注文ボタンや商品リンクをクリックすると、飲食店様専用の注文サイト「カクヤスナビオンライン」へ移動します。
「カクヤスナビオンライン」は当社配達エリア内の飲食店様がご利用いただけます。会員登録(登録無料)が必要です。


20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

  • 飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
  • お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだ後はリサイクル。
  • 20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
  • 20歳未満の飲酒防止のため年齢確認をさせて頂いております。予めご了承ください。